便秘の悩みから解放されたい人集合。青汁が便秘に良い理由

「便秘でお腹が張って痛い・・・」
「何日も出てなくて体全体の体調が悪い」
と便秘で悩んでいる人はなにかしらの体の不調がありますよね。
氷水や下剤を無理やり飲んでも便秘解決の効能が得られるのは一時的でまた便秘になってしまうこともあります。

 

日常的に便秘を解決するには体の内側から解決していくことが必要です。
便秘の原因として不摂生な日常生活、野菜不足がありますが、腸内環境が良くないことが便秘の原因として大きくあげられます。
そこで体の内側から腸内環境を整え便秘対策として青汁を飲んでみませんか?
青汁がなぜ便秘対策として有効なのかをまとめてみたので便秘対策として参考にしてみてください。

 

青汁の原材料からわかる便秘解決・解決に役立つ「食物繊維」

青汁はケール・大麦若葉・明日葉などの食物繊維が豊富にふくまれた野菜や植物を原料とした飲み物です。
食物繊維というワードだけきくとお通じの解決に役立ちそうな気がしますよね。
実は食物繊維は大きく種類わけすると不要性と水溶性の二種類の性質をもっています。

 

不要性食物繊維
体に取り入れると水分を含むことで膨らみ胃や腸が動かす蠕動(ぜんどう)運動をすることで

便通を促し便秘を解決していく効能があります。
不要性食物繊維は水分と一緒に腸内環境を悪くする悪玉菌を吸収してくれる働きももっているため
取り入れる事で腸内の掃除をしてくれます。

 

水溶性食物繊維
水に溶けることでゲル状のものに変化して便に取り込まれ

便自体を柔らかくすることで便秘の解決に役立ちます。
また、水溶性食物繊維は腸内にいる善玉菌の餌として増大してくれる働きをしてくれます。
善玉菌は腸内の掃除をしてくれる役割をもっているため増えれば増えるほど便秘の解決に役立ちます。

 

現在販売されている青汁の多くにふくまれている食物繊維は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が混合して作られています。
二つの食物繊維がバランスよくとれることから青汁は便秘の解決におすすめと言える事ができます。

 

便秘を解決するために青汁を飲む一番よいタイミング

便秘を解決するのにおすすめな食物繊維が多く含まれている青汁。
しかし日常生活の中で、どんなタイミングで飲むのが便秘の解決におすすめなのか疑問が浮かびますよね。
青汁を飲むタイミングとして一番ベストな時間は朝起きて、朝食の時間などの午前中に飲むのが最善です。
人間の生活リズムのなかで自分自身は起きていても体の中にある腸内は眠ったままです。
眠っている腸内を食物繊維の働きを生かしてくれる青汁を飲むことで運動させることにより、便通をうながしてくれます。
朝食のときに便秘解決を手助けしてくれる善玉菌を多く含んだヨーグルトに青汁をまぜるとよりおすすめに便秘の解決を
手助けしてくれます。

 

まとめ
食物繊維が含まれている野菜を多く取ることは心がけたいところですが、
現代人において働きながら食物繊維をとることはなかなか難しいですよね。
便秘の予防、解決、対策を薬や医者に頼るのではなく、自然由来の力で考えているのであれば、
青汁を飲むことで便秘の悩みの種を解決していきましょう。
青汁には食物繊維だけでなくビタミン、ミネラル、鉄分など不足しがちな栄養素を含んでいる栄養補助食品です。
便秘の解決だけでなく、体の健康を維持、向上が図れる青汁は普段、飲んでいるお茶やジュースを青汁に変えるだけで、
体に必要な栄養素を簡単に取りいれることができます。
あなたも青汁をのんで「腸」快適な生活を目指してみませんか。